「インタビュー」CNBLUEミンヒョク、“ひとりでもふたりでも、感動を与える演技ができたときに喜びを感じる”

2017.12.11

人気バンドCNBLUEカン・ミンヒョクは、MBC水木ドラマ「病院船」で主演俳優として成長した。「病院船」と外科医クァク・ヒョンは、彼に新しい経験をさせてくれた作品であり、キャラクターだった。主演として演技するのも初めてだったが、先輩俳優のハ・ジウォンとの13歳差のあるロマンスも、メディカルドラマも大きなチャレンジだった。「プレッシャーより責任感を持つようになりました」と言う彼は、「病院船」を終えて自身が俳優をしなければなら究極の理由について悩んだという。

ミンヒョクは、最近行われたインタビューで「今回の作品は、うまくやり切りたいという欲がより多い作品でした。自分がこれをどこまでやり切ることができるかに関心もありました」として、「ドラマに出てきたすべての人物が、どれほど貴重で重要な役割であるかをより多く感じました。それと共に、主演の影響力がどれほど大きいかを学びました」と撮影当時を思い起こした。

(2ページに続く)

 

ドンファ(ホドンとCNBLUEジョン・ヨンファ)兄弟アゲイン..ジョン・ヨンファがカン・ホドンのトークショー「トークモン(仮題)」に合流

CNBLUEヨンファ、フィリピンを明るく照らす笑顔…マニラ、ビックショー

「公式」CNBLUEジョンシン主演ドラマ「やきもき」、1月8日初放送開始…タイムスリップロマンスが始まる

CNBLUEヨンファ、2年ぶりにソウルでソロコンサート開催…香港も追加決定