「コラム」パク・ボゴムがイ・ヨンを演じた『雲が描いた月明り』の重要な歴史解説!

2017.12.10

パク・ボゴムが大ブレークする契機となったドラマ『雲が描いた月明り』は、時代でいうと1827年を描いていた。なぜなら、この年にイ・ヨンのモデルとなった孝明世子(ヒョミョンセジャ)が、父の純祖(スンジョ)に代わって代理聴政(テリションジョン/摂政のこと)を行なったからだ。

イ・ヨンの母は?

孝明世子は純祖の長男として1809年に生まれている。1827年というと18歳になっていたが、この年に代理聴政を始めている。その様子は、『雲が描いた月明り』でもしっかり描かれていた。
彼は政治的な能力をいかんなく発揮したのだが、残念ながら史実では1830年に21歳で亡くなっている。


なお、『雲が描いた月明り』ではイ・ヨンの生母がすでに亡くなっていて純祖が新しい王妃を迎えていたが、それは事実と違っている。実際には孝明世子の生母の純元(スヌォン)王后は、1857年まで生きている。つまり、孝明世子が亡くなったあと27年間も生存していたのだ。
このあたりは、ドラマと史実が特に違っている。

(2ページに続く)