「ただ愛する仲」2PM ジュノ&ウォン・ジナら、4人のキャラクターポスターを公開…運命を物語る眼差しに注目

2017.11.30

写真=CELLTRIONエンターテインメント

 

JTBC月火ドラマ「ただ愛する仲」が深い感性を刺激する2PM ジュノ、ウォン・ジナ、イ・ギウ、カン・ハンナのキャラクターポスターを公開した。

「ただ愛する仲」(脚本:ユ・ボラ、演出:キム・ジンウォン)は本日(30日)、男女主人公4名のおぼろげで寂しい眼差しが込められたキャラクターポスターを公開した。

「ただ愛する仲」は、ワイルドだがしっかりとした若者ガンドゥ(ジュノ)と、傷を隠したまま平凡な日常を夢見る建築モデラーのムンス(ウォン・ジナ) が、人生を揺さぶる事故から劇的に生き残った二人の男女が、互いの傷を癒していく過程を描く。とりとめようもなく引き寄せあい、互いに染まっていくガンドゥとムンスの熾烈な恋が、視聴者に温かく胸が切なくなる響きを届けるだろう。「優しい男」のキム・ジンウォン監督と「秘密」のユ・ボラ作家が意気投合し、繊細で深い感性ラブストーリーの誕生を予告している。

公開されたキャラクターポスターでは「ただ愛する仲」が届ける、温かくもおぼろげな雰囲気がそのまま溶け込んでいる。感性を突く眼差し一つで、見る者の視線を惹きつける。“信じて見る”製作陣の意気込みと、とジュノとウォン・ジナの新鮮なキャスティング、イ・ギウ、カン・ハンナという信頼度高い俳優たちの出会いまで加わり、期待が高まっている。

ジュノはドラマの中で、どん底の人生を生きる、荒々しいが気丈な裏路地の若者らしく粗雑だが、どこからか憐憫が感じられる眼差しで、荒れた世の中を黙々と凝視している。本音が映るような澄んだ瞳の中に悲しみを押し込んでいるウォン・ジナの表情は、傷を隠して生きてきたムンスの感情を語っている。「狂わずにどのように生きればいいのか、こんな世の中を」というキャッチコピーは、簡単ではない人生を生きてきたガンドゥの、世の中に向けた雄叫びのように胸に突き刺さる。「あなたの中に私がしきりに見える」というムンスの文句もやはり、互いに違う人生を生きてきたが、同じ痛みを抱いている二人の運命を期待させる。

(2ページに続く)

 

「2PM」ジュノ&女優ユン・セア、バラエティ「知ってるお兄さん」出演へ

2PM Jun. K、“テギョン、入隊してもっとかっこよくなった。軍隊が合っているらしい”

2PM Jun. K、“今年初めに入隊の予定が、けがで1年延長。予定になかったアルバム”

2PM Jun. K、“今年初めの入隊予定が、けがで1年延長されて思いがけない1年が与えられた”