コロンビア番組で「防弾少年団」への人種差別行為に現地ファンが謝罪

2017.11.13

コロンビアの番組で韓国ボーイズグループ「防弾少年団」に対する人種差別的なジェスチャーをして物議を醸している。

最近、コロンビアの「防弾少年団」ファンがツイッターに、コロンビアの番組「Dia a Dia」の場面写真を掲載。番組MCが「防弾少年団」の歌「DNA」のMVを紹介していると、後ろに座っている出演者が目を吊り上げていた。


騒動になると、「防弾少年団」の現地ファンが「どなたか不快に思われたのなら、コロンビア人として心からお詫びします」とし、「今後、東洋の文化がコロンビアでさらに認められるよう最善を尽くす」と放送関係者の代わりに謝罪した。現在のところ、番組側は特にコメントをしていない。

今月10日に韓国・水原(スウォン)ワールドカップ競技場で韓国とコロンビアのサッカー強化試合で、コロンビアの選手エドウィン・カルドナが両目を釣り上げて人種差別的ジェスチャーをしたと騒動になっていた。その後エドウィン・カルドナは、コロンビアサッカー協会を通じて韓国側に謝罪の内容の映像を伝えた。

また選手の謝罪とは別に大韓サッカー協会は、コロンビアサッカー協会に謝罪とエドウィン・カルドナに対する懲戒要請を含めた手続きに入り、コロンビアサッカー協会は11日に会長名義の公文で謝罪の意を伝えた。
WoW!Korea提供

 

「防弾少年団」RAP MONSTAR、活動名をRMに変更

韓国出身の大人気グループ「BTS (防弾少年団)」とコラボレーション!『BTS 109 XMAS』SHIBUYA109 クリスマスキャンペーン開催

【公式】「防弾少年団」、「Danger」MVも再生回数1億回突破…計9編の大記録達成

防弾少年団、Twitterのフォロワー数が韓国で初めて1000万人を突破