「取材レポ」チェ・ジニョク“3年ぶりにファンと再会!”触れ合いいっぱいのファンミーティング開催!

2017.11.08

ドラマ「ロマンスが必要」、「パスタ~恋ができるまで」、「相続者たち」、など話題作に出演、今年主演したドラマ「愛の迷宮―トンネルー」では、韓国ケーブルテレビ局 歴代最高視聴率を樹立したチェ・ジュニョクが11月4日(土)東京・山野ホールにて「チェ・ジニョク ファンミーティング 2017 ~Memory of the tunnel~」を開催した。

チェ・ジニョクは昼公演終了後、休む間もなく夜公演を行い、終始爽やかな笑顔でファンと甘い時間を過ごした。

会場の照明が落ちると「お久しぶりです。お元気でしたか?」の文字がスクリーンに浮かび上がり、同公演をプレゼントに見立てて「小さなプレゼントを用意しました。今、会いに行きます」の文字と共に彼の足音が会場に響いた。

ステージ奥から花束を手に黒のスーツに白いTシャツ、白いスニーカーというスタイルで颯爽とチェ・ジュニョクが登場!
The Nutsの「愛のバカ」を、ステージから降り、ファンの近くで歌い、うれしいサプライズでオープニングから会場を沸かせた。

「お久しぶりです。僕は、チェ・ジニョクです」とあいさつすると、「気分が良かったから客席に降りました」との言葉に、会場は大きな歓声で感謝を示した。

トークコーナーでは復帰作であり、DVD発売も決定しているドラマ「愛の迷宮―トンネルー」の話で口火を切った。
「自分は、台本が面白いとやろうと思うタイプで、この作品も、難しいキャラクターではあるが挑戦したいと思った作品だった」と、出演を決めた心境を語った。

(2ページに続く)