「個別インタビュー」次世代俳優イ・ウォングン、ターニングポイントになったのは映画「女教師」!「常に成長を続ける俳優になっていきたい」

2017.11.07

Q.デビュー作となった「太陽を抱く月」では、ヨ・ジングさん、イム・シワンさん、イ・ミノさんと共に子役のイケメン4人組としても話題となりましたが、撮影ではどんなことが印象に残っていますか?
最初はカメラにも慣れていないし、演技をすること自体、とても不思議な感覚で、すごく緊張していたんですが、他のみんなは生き生きと演技をしているし、空き時間も楽しそうに遊んでいる姿を見ながら、僕もだんだんリラックスしていき、現場が楽しくなっていったという印象が残っています。

Q.特にイム・シワンさんから、いろいろと助けられたそうですね。
シワン兄さんは歌手出身なので、カメラに慣れているんですよね。僕はカメラが初めてだったので、まなざしとか視線の向け方とか、シワン兄さんがたくさん教えてくれました。

Q.デビュー当初、SHINeeのオンユさんやINFINITEのエルさんに似ていると言われ、話題になっていましたが、似ていると言われることについてはどう思っていらっしゃいますか?
似ていますか!? 自分ではよく分からないです。たしかに、似ていると言われるんですが、2人とも僕とは違う、それぞれの魅力があるので、自分では、そんなに似ているとは思っていないんですが(笑)。

Q.オンユさんとエルさんを足して2で割ったような感じだという声もありますが。
ハハハハハ。良いことだから、そう言っていただけるのは、ありがたいです。

Q.笑ったときの顔がすごく印象的ですが、体のパーツではどこが気に入っていますか?
目です。笑ったときと、そうでないときの表情が違うとよく言われるので、それが演技の面でもすごく役に立っていると思います。あと耳も気に入っています。韓国では、耳が大きいと幸せを呼ぶと言われているんですが、こうして仕事ができている、いまの現状にすごく感謝しているので、これも幸せだと思います。

(3ページに続く)