「取材レポ」U-KISS、新体制初ライブツアー埼玉公演も大盛況! 「5人でも破壊力のあるグループになって、KISSmeに幸せを届けたい」

2017.10.16

5人組となったU-KISSが、新体制となって初めてのライブ「U-KISS LIVE EVENT 2017~Stay with U~」を9月30日(土)の千葉公演に続き、10月7日(土)埼玉・さいたま市文化センターにて開催。11日(水)にリリースされた日本14枚目のシングル「FLY」に収録されている新曲3曲をはじめ、ファンとの思い出の曲など日本語曲、韓国語曲を織り交ぜながら全16曲を披露し、5人となっても圧倒的な歌唱力とキレキレのダンスパフォーマンス、愛嬌たっぷりの楽しいトークで、KISSme(U-KISSのファン)の視線を終始くぎ付けにした。
今回のライブは、リーダーのスヒョンが、兵役前最後の参加になる可能性が高いと発表されていただけに、会場を埋め尽くしたファンの熱気はものすごく、会場は終始熱い盛り上がりを見せていた。

ライブ中日(なかび)となるこの日の夜公演は、日本12枚目のシングル「Kissing to feel」で幕を開け、メンバーたちはセクシーなダンスで、大人の魅力全開! 続く「Bingeul Bingeul」では、キャッチーでノリの良いメロディに合わせ、ファンの掛け声も息ぴったりで、会場のボルテージは最高潮に。オープニングから、メンバーたちは全力のダンスパフォーマンスを繰り広げ、滴る汗が遠目からも見えるほどのヒートぶりだ。
「こんばんは。U-KISSです」と全員であいさつした後、9月にソロライブを終えたスヒョンが「今回は5人のライブで、ちょっとだけ緊張と不安がありましたが、皆さんの笑顔を見て、それがなくなりました。新曲、そしてたくさんの思い出のある曲を用意したので、皆さんと一緒にまたステキな思い出を作りたいと思います!」と意気込み、それぞれが自己紹介をした後、U-KISSもハマっているという“フルートダンス”が話題の新曲「Beginning」へ。

(2ページに続く)