中山美穂、「蝶の眠り」の恋人役キム・ジェウクと釜山国際映画祭に登場!

2017.10.13

中山美穂、「蝶の眠り」の恋人役キム・ジェウクと釜山国際映画祭に登場!

日本の女優・中山美穂が韓国俳優キム・ジェウクと共に「釜山国際映画祭」レッドカーペットに登場した。

フランス現代文学の代表的女流作家マルグリット・デュラスの晩年の恋を描いた「デュラス 愛の最終章」に着想を得て制作された珠玉のラブストーリー「蝶の眠り」が2018年5月に日韓同時公開となる。

マルグリット・デュラスと晩年を共に過ごした38歳年下の恋人、ヤン・アンドレアが歳の差を超えて愛した彼女との16年間の日々を綴った著書を、フランスを代表する名女優、ジャンヌ・モローを主演に迎え映画化したロマンティックラブストーリー「デュラス 愛の最終章」(01)。その衝撃的な心揺さぶる物語に着想を得て、「子猫をお願い」で知られるチョン・ジェウン監督が現代に蘇らせた。

アルツハイマーを患う主人公の女流作家役には、実に5年ぶりの映画主演作となる中山美穂を起用。次第に病に冒されていくも、愛に生きる等身大の女性像を、余すところなく魅力的に演じている。韓国人留学生の恋人役を務めるのは「コーヒープリンス1号店」のキム・ジェウク。幼少期に日本で生活していた経験を持ち、本作でも完璧な日本語での演技を披露している。
(2ページにつづく)