CNBLUEジョンヒョン、ドラマ「紳士の品格」から「ランジェリー少女時代」まで演技成長史

2017.10.11

写真提供= FNC

 

人気バンドCNBLUEジョンヒョンが、演技者としての価値を証明してくれた。
2010年に映画「アコースティック」で演技活動を始めたジョンヒョンは、SBSドラマ「紳士の品格」に出演して演技者として本格的な歩みをスタートした。「紳士の品格」で彼はキム・ドジン(チャン・ドンゴン)の隠し子コリンに扮してその存在感をアピールして視聴者たちの視線を捕らえた。
その後KBS2ドラマ「オレンジ・マーマレード」でヴァンパイアのハン・シフ役でアクションとロマンスを行き来するという活躍でドラマに楽しみを加えた。また、ネットフリックス、Webドラマ 「マイ・オンリー・ラブソング」では、主人公オンダル役に扮して初の時代劇でコミカルながらも落ち着いた魅力を披露した。

こうして作品ごとに様々な姿を見せてきたジョンヒョンは、最近放送が終了したKBS2「ランジェリー少女時代」で演技者としての価値を証明するのに成功した。ドラマのチュ・ジョンチュンは一見無愛想だが、誰より深く暖かい心を持った人物だ。ジョンヒョンは安定した方言の演技と繊細な感情表現で、自身が引き受けたキャラクターと完全にひとつになってときめきいっぱいのロマンスを繰り広げて視聴者の心を魅了した。
ドラマを終えたジョンヒョンは、CNBLUEのアジアツアーに日本でのアルバム発売とツアーを行うなど、グローバルファンと熱くコミュニケーションする予定だ。

 

10asia+Star JAPAN http://10asiajapan.com/