「イベントレポ」ジョン・ヨンファ(from CNBLUE)人間味あふれたソロツアー 「もっと大きくなる。これからもずっと一緒に!」約4時間、感動のファイナル

2017.10.10

韓国出身のロックバンド、CNBLUE(シーエヌブルー)のボーカル&ギター、ジョン・ヨンファが
10月8日、兵庫県・神戸ワールド記念ホールで約2年ぶり2度目となるソロツアー「JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017 "Summer Calling"」のファイナル公演を迎えた。

本公演は、8月9日にリリースされた約2年ぶりとなる日本2ndソロアルバム『Summer Calling』を核としたツアーで、8月22日の大阪・フェスティバルホールを皮切りに、追加公演となるこの神戸公演まで、全9公演で約45,000人を動員。
想いがあふれた最終公演では、約4時間にわたる熱演を見せた。

黒のスーツとリボンタイの正装で登場すると、最新ソロアルバム『Summer Calling』のリード曲「Summer Dream」でライブは幕開け。
「今日は最後ですよ!」と客席に声をかけると満面の笑顔でリズムに乗り身体を揺らす。
CNBLUEではヨンファ自身もボーカル以外にギターとピアノを演奏するが、ソロコンサートでは生バンド、ダンサーを従え、ボーカリストに徹している。

「いつも曲が終わった後のMCはドキドキするけど、9公演やってもやっぱりドキドキする。今日はCEOみたいな衣装。リボンもあるし、僕がみなさんへのプレゼントです」と言えば、客席から黄色い歓声が上がる。
最初のMCで行われる“指揮者ごっこ”も回数を重ね演技指導が厳しくなったが、オーケストラを演じるバンドメンバーと客席との息もピッタリで、指揮をするヨンファも満足気。
「ブラボー」という掛け声もあがり、トークコーナーも冒頭から盛り上がりを見せる。

「ツアーが始まるときは夏だったのに、10月になりました。でもここは、夏より熱い。今年の夏はみなさんと一緒にライブをして、特に長い夏に。今回のツアーでは、僕が熱いみなさんのファンになりました」と長いツアーをふりかえると、「2年前は僕の曲だけではライブができませんでしたが、今回は自分の曲でライブができて本当に幸せ。本当のボーカリストになれた気がします」と、客席に感謝を伝えた。

(2ページにつづく)