iKON BOBBYの「LOVE AND FALL」、米メディアのビルボードにローリング・ストーンも惚れ込んだ

2017.10.06

写真=ビルボード、ローリング・ストーンキャプチャー

 

人気アイドルグループiKON BOBBYが、1stソロアルバム発表後、ビルボードとローリング・ストーンなど主要なメディアの関心を一身に受けている。
5日(現地時間)午後、アメリカのビルボードは、 BOBBYとのインタビューで2年以上の作業期間を経て誕生した1stソロアルバム「LOVE AND FALL」について集中的にスポットを当てた。
ビルボードは、「ファンは BOBBYのソロ出撃のニュースにびっくりしただろう。しかしBOBBYは、自身が多目的なクリエイターであることを証明するためにこの瞬間だけを待ってきたのだ」と紹介した。

BOBBYは、このインタビューで「ラッパーである前に、ミュージシャンでありたかったし、ミュージシャンである前にアーティストになりたかったです。カッコいい姿より発展した姿をお見せするために努力しました」と明らかにした。
そして、BOBBYが全曲の作詞作曲に参加した10曲のビハインドも公開した。
BOBBYは、「ダブルタイトル曲のひとつである『I LOVE YOU』で、愛は時間に勝つことが難しく、ときめきを失った愛は情しか残らないことを表現したかったです」と語った。また、「『RUNAWAY』は、一度は反発を夢見る人々から共感を受けたかったです」と曲のポイントを明らかにした。

また、同日ローリング・ストーンインディアもBOBBYとのインタビューを公開した。
ローリング・ストーンインディアは、「BOBBYは、若い年齢でK-POPヒップホップシーンに挑戦状を差し出して、独自の魅力を持つ人物に生まれ変わった。2014年『SHOW ME THE MONEY3』で優勝を手にした後、iKONと呼ばれるグループで正式にデビューした彼に成長の機会は無限にある」と評価した。
BOBBYは、「今回のアルバムは、洗練さを願って様々なジャンルをこなしたかったです」と強調した。
アルバム発表直後、海外のiTunesの22カ国でトップを占めたBOBBYは、「僕の音楽が言葉の壁を越えたという話を聞いたとき、とても嬉しかったです。これからも頑張っていきたいです」と述べた。

 

10asia+Star JAPAN http://10asiajapan.com/