THE BOYZが新概念秋夕(チュソク)放送でギャグを大放出

2017.09.30

新人ボーイズグループTHE BOYが「新概念秋夕(チュソク)放送」でファンたちと忘れることのできない秋夕(チュウソク)の挨拶をした。

THE BOYZは29日の午後、THE BOYZの公式「V」アプリチャネルを通じて「班長報告書」秋夕(チュソク)スペシャル編を放送して、名節を控えたファンたちと楽しい時間を過ごした。

THE BOYZが運営する「班長報告書」は班長のサンヨンとメンバーが直接週番を選んで毎週THE BOYZの多彩な便りを伝えているモバイル生放送コーナーだ。今回は民族大名節秋夕(チュソク)を迎えてTHE BOYZがファンたちに愉快な秋夕(チュソク)の挨拶を伝えるスペシャルな時間だ。

この日THE BOYZは家族全員で楽しむ秋夕(チュソク)代表の遊びを新しく解釈した「スペシャル秋夕(チュソク)遊び」3種セットを披露してファンたちと疎通した。それぞれレッドボーイズ、ブラックボーイズチームに分かれ、「松餅(ソンピョン)早作り」と「投壺遊び」、「OXクイズ」等を相次いで進めて放送の間中笑いが絶えなかった。

「松餅(ソンピョン)早作り」対決は順に鉢巻きとメガネ、ビニール手袋をはめて準備された材料を利用して一番最初に松餅(ソンピョン)を作った人が優勝する方式で進められた。THE BOYZは正体不明の松餅(ソンピョン)を作って、ビニール手袋を奪い取るなど勝利のためにあらゆる方法を駆使し、見る人々の笑いを誘った。

「投壺遊び」は、篭に矢をゴールインさせるために全身を使ったギャグをして光った。なかなか勝負がつかなかったこのゲームは、12人全員がする番外競技を進行、長男のサンヨンがメンバーのうち唯一点数を取得して優勝を握った。「OXクイズ」もやはりTHE BOYZのメンバーらと関連したささいな問題で面白みをプレゼントして生放送を見る視聴者たちの熱い呼応を得た。

一方今までデビュー準備はもちろんグラビア、リアリティー撮影など忙しい1年を送ったTHE BOYZのメンバーは、今回の秋夕(チュソク)連休の間久しぶりに休暇をもらって、各自の実家で休息を取る。

同じ年頃の青年たちのように家族と楽しい秋夕(チュソク)を迎えることになったメンバーは「豊かな中秋を送って、おいしい食べ物をたくさん食べて家族と一緒に暖かい名節を送ってください」と全員で秋夕(チュソク)の挨拶を伝えた。

特に長男のサンヨンは「長い連休の間、学業と業務から離れて家族と楽しく過ごしてください」として「連休の間ご両親に愛してますという言葉一言ずつ言ってみたらいいと思います」と挨拶した。LA出身の末っ子エリックの場合「同僚のチュ・ハクニョンの実家である済州島(チェジュド)に子豚に会いに共に行くことにしました」としながら「皆さんも安全な帰郷、帰省をされるようお祈りします」と立派な挨拶を伝えた。

CREKERエンターテインメントが新しく出す新鋭THE BOYZはチュ・ハクニョン、ヒョンジェ、ソヌ、ヨンフン、ファル、ケビン、サンヨン、ジュヨン、ニュー、キュー、ジェイコブ、エリックの合計12人で構成、今年の下半期に正式デビューを目標にしている話題のドリームチームだ。

THE BOYZはすでに15個以上の広告系からラブコールを受けているのはもちろん、韓国内有力ファッショングラビア紙に20ページ単独グラビアが編成されるなど、デビュー前から各種の話題をさらって怪物新人の登場を予告している。