「個別インタビュー」A-JAX、結束を強めた5人で初のシングル「Romeo」を発売!彼らが思うカッコいい男とは?「女性に共感してあげる男」

2017.09.21

昨年2月に5人体制になってから、初となる日本3枚目のシングル「Romeo」を9月19日(火)にリリースするDSPメディア所属の実力派人気ボーイズグループA-JAX(エージャックス)。
タイトル曲「Romeo」はロックを基盤としたダンスナンバー。「ロミオ」と「ジュリエット」に着眼し、よりカッコよく1人の女性「ジュリエット」のためだけの男になるという内容の歌詞が印象的だ。さらに、メンバー5人の抜群のビジュアルと、中毒性のある息の合ったダンスパフォーマンスは必見!
すでに8月5日(日)東京・昭島モリタウンを皮切りに、首都圏各地でリリースイベントを展開中であり、8月19日(土)には東京・ヤマハ銀座スタジオで、「A-JAX“Romeo”SHOW CASE」を開催するなど、ファンと触れ合いながら、新曲発売のカウントダウンに入ったA-JAX。そんな彼らが、今回5年ぶりにリリースする新曲や、日本での活動、今夏の思い出などについて、たっぷり語ってくれた。

-まず自己紹介からお願いします。


ユニョン:皆さん、皆さんの朝陽になりたいユニョンです~。ボーカルを担当しています。よろしくお願いします!


スンヨプ:A-JAXの王子様、スンヨプです。よろしくお願いします!


ドウ:初めまして。ラップ担当のカリスマリーダー、ドウです。よろしくお願いします。

スンジン:初めまして。僕はA-JAXのダンス担当、明るいスンジンです~。よろしくお願いします。


ジュンヒ:皆さん、こんにちは。A-JAXの末っ子、ボーカル担当のジュンヒです~。よろしくお願いします。

(2ページにつづく)