「取材レポ」SE7EN“皆さんが聞きたい曲を聴かせてあげたかった!”ファン待望のフルライブ「SE7EN LIVE in JAPAN〈No.7〉」開催!

2017.09.19

2005年の日本デビュー以来、長きに渡り活躍し続ける人気歌手SE7ENが、待望のフルLIVEツアー「SE7EN LIVE in JAPAN〈No.7〉」を、9月15日(金)に大阪・豊中文化芸術センター、17日(日)、18日(月)には千葉・舞浜アンフィシアターにて開催した。

11月9日(木)には1年ぶりとなるオリジナルフルアルバム「1109」を発売することが決定しており、今後の活動にも期待が高まるSE7EN。今回のツアーでは、新曲「NO.7」や、ファンから募集したリクエスト曲も含まれており、SE7ENの魅力溢れるステージを見せた。

最終日の18日は、真っ赤なスーツにサングラスで決めたSE7ENが「Let’s go!」という声とともにステージに登場。「JACKPOT」をスタイリッシュに披露し、途中でサングラスをクールに外すとファンの歓声が沸き上がる会場。「What's up 東京~?Are you ready?Make some noise!」と煽り、「All Night Long」、続けて「GIVE IT TO ME」と、ファンのテンションも上昇。

「こんにちはー!SE7EN の2017年コンサート“No.7”にようこそ!みんな元気ですか?今日のコンサートは新曲とか、今まで見せてなかった曲をたくさん準備したから、最後まで楽しんでください!」と意気込むと、今回のライブの魅力の1つでもある、バンドサウンドが際立つ中、「SOMEBODY ELSE」を伸びやかに歌い上げた。


暗転した会場が白いペンラで包まれ始まったのは、「11:30」。スタンドマイクを使い、大人な雰囲気を醸し出し、続く「LA LA LA」では、ファンも左右に手を振り会場一体に。「Be Good To You」では、胸に響くような感情のこもった歌声で、ファンを引き込み、歌い終わると大きな拍手が鳴り響いた。

(2ページにつづく)