BoA主演映画「秋の郵便局」、10月19日に韓国で公開

2017.09.19

BoA主演映画「秋の郵便局」、10月19日に韓国で公開

韓国歌手BoAの初の単独主演映画「秋の郵便局」が、来月19日に韓国で公開することが決まった。

提供配給会社sycomad側は19日、「10月19日に『秋の郵便局』が公開する」とし、「ペンを持って手紙を書いているBoAは、少女のように真剣ながらも愛らしい姿だ」とポスターを公開した。

「あなたに会った季節、恋に染まる」というキャッチコピーは、恋が深まる季節でもある秋に観客の胸を打つ美しいロマンスの誕生を予告している。

映画「秋の郵便局」は、29歳のスリョン(BoA)に染まった止められない恋と、彼女と結婚することが目標の男ジュン(イ・ハクチュ)の心温まる初恋を童話のようなロマンスで描いた作品。すでに全州(チョンジュ)国際映画祭で初上映され、チケット販売開始と同時に全席売り切れを記録した。“大人の童話”だと好評を得て、国内の観客の間ですでに熱い口コミが広がっている。

童話のような田舎の風景をバックに、平凡に見えるが特別な事情を持った2人の男女のロマンスをキラキラとした感性で描く「秋の郵便局」は、20代最後で明日を準備するスリョンと、始まりを待つジュンの話を切ない視線で描いている。

2017年で一番注目すべき実力派新鋭監督となったイム・ワンテ監督が、独立映画で見せた覇気のある細かくてソフトな演出を見せ、歌手のBoAが人生の第2幕を始める女性主人公スリョンの深い心の内面を見事に表現している。

BoAと切ないロマンスを繰り広げるジュン役は、独立映画出身の前途有望な俳優イ・ハクチュが演じ、時には反抗的で時にはロマンチックな顔で熱演した。さらに演技派俳優オ・グァンノクが、スリョンの思い出の中にいる父親として、観客の心を熱くさせる。

映画「秋の郵便局」は10月19日に韓国で公開する。

WOW!korea提供