「コラム」「韓流スターと兵役」第3回/入門講座第 軍隊生活のポイント

2017.09.13

写真=陸軍公式サイトより

 

第3回 軍隊生活のポイント

 

5週間の新兵訓練が終わって各師団に配属されると、最初は二等兵ですが、一等兵、上等兵の順番で昇級していきまして、最後は兵長になって除隊となります。一定の期間がきたら自動的に昇級していくのです。出来が悪いからどうこうというわけではありません。みんな一緒になって昇級していかないと、秩序が保てないのです。

 

平均的な1日の動き

やっぱり二等兵や一等兵は辛いと思います。下っ端ですから休憩時間もないくらいに働かなければなりません。上等兵になるといろんなことが仕切れますので、だいぶ楽になるのです。兵長になると残り4カ月しかないので、一般社会に戻ったときの準備期間ということで、何もしなくてもいいという状態です。

それでは、軍隊における平均的な1日を見てみましょう。

軍隊では、午前6時に起床して整理整頓をします。兵役中に生活する部屋では、1人ずつ一畳くらいの板間が割り当てられていて、壁際に収納ボックスがあり、一番下の空いているところに布団を押しこめます。

韓国で、男の子はとても可愛がられます。そのため、男性はマッチョな割には気持ちが弱いのです。そういう個室で育った人が、雑魚寝をするのですから、それでショックを受けるようです。それから、携帯電話をいっさい使えないのも、今の若者にはとてもつらいことです。(ページ2に続く)