佐藤江梨子 × 瑛太 W主演映画『リングサイド・ストーリー』 第22回 釜山国際映画祭A Window on Asian Cinema部門でワールド・プレミア上映決定!

2017.09.11

日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。

同スタッフが再集結して制作された武 正晴監督オリジナル作品である最新作『リングサイド・ストーリー』は、10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開致します。

本作は、4年ぶり主演を務める佐藤江梨子と実力派俳優の瑛太をW主演に迎え、武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演。

また、近藤芳正・余 貴美子・田中要次・有薗芳記・高橋和也など日本映画界の名優たちが脇を固めているファイト・ラブコメディです。

主題歌は、結成から28年目を迎え、日本のロックバンドとして咲き誇り続けるフラワーカンパニーズが楽曲を提供。身も蓋もない現実を代弁するかのような「消えぞこない」をはじめ、エンディング・挿入歌ともに彼らの楽曲が劇中で使用されております。

 

本日、映画『リングサイド・ストーリー』が、公開直前の10月12日(木)から開催される第22回釜山国際映画祭「A Window on Asian Cinema部門」にて、招待作品として決定しワールド・プレミア上映される運びとなりましたので、ご報告いたします。

 

釜山国際映画祭は、昨年の2016年度は、釜山市内の5つの劇場で69カ国299作品(ワールドプレミア94作品)が上映され、17万人の来場者数を記録するなど、アジアを代表する国際映画祭として世界から注目を集めております。

本作が、この世界的に有名な映画祭に招かれたことは非常に喜ばしく、世界中の方々に伝え弘められる機会となりました。

(2ページに続く)