女優ムン・グニョン、活動を再開…主演映画「ガラスの庭園」BIFF開幕作に

2017.09.11

女優ムン・グニョン、活動を再開…主演映画「ガラスの庭園」BIFF開幕作に

韓国女優ムン・グニョンは「映画『ガラスの庭園』で釜山国際映画祭に出席することができてうれしい」と活動再開の感想を伝えた。

ムン・グニョンは11日、ソウル・プレジデントホテルにて行われた第22回釜山国際映画祭(BIFF)の公式開催記者会見に出席した。主演を務めた映画「ガラスの庭園」が、第22回BIFFの開幕作に選ばれたからだ。

この日、ムン・グニョンは「BIFFに何回も出席したことがあるが、一度も私の作品で出席したことはない。今回『ガラスの庭園』で出席することができてうれしい」とし、「こうして多くの関心も持ってくださり感謝している」と明らかにした。

続けて新たなキャラクターに挑戦したという評価に「役が魅力的だったし、はまることができたと思う。撮影しながら辛いことよりも、監督とたくさんの話をしてむしろ幸せに撮影できた」と答えた。

シン・スウォン監督は「映画祭の内外で良くないことがあり、気持ちが重い」とし、「もう22歳になるBIFFが、私が作った『ガラスの庭園』が目指す共存の価値を考えてみると、継続して生命力を持ってアジア最大の映画祭に成長し続けていけたらいいという気持ちで出席することになった」と述べた。

ムン・グニョンはことし2月に急性コンパートメント症候群と診断され、計4回の手術を受けていた。その後リハビリ治療を続けていた中、BIFFを通じて活動を再開し、注目を集めている。

映画「ガラスの庭園」は、他の人たちよりも少し秘かに生きてきた博士課程の研究員ジェヨンが、現実の中の矛盾とぶつかり、世の中に背を向けた後に起きる驚きの事件を小説家の視線で描いたミステリー映画。第22回BIFFは10月12日に開幕する。

WOW!korea提供