2PMジュノのソロとGFRIENDの清純さとiKON BOBBYの真逆

2017.09.09

秋をむかえた歌謡界はさらに豊かだ。

授賞式を彷彿させる程の9月の歌謡界のラインナップだ。来週歌謡界はボーイズグループ出身でソロの2PMのジュノやiKONのBOBBYを始めとして、サマークィーンGFRIENDの新曲までぎっしりといっぱい詰まっている。3チーム全部が初めてする試みだ。2PMジュノは韓国内で初めてソロアルバムを発表し、iKONのBOBBYも初めてソロのフルアルバムを出す。GFRIENDはデビュー以後初のリパッケージアルバムだ。

# 2PMでないジュノの自作曲

ジュノがデビュー10年ぶりの今月11日にソロアルバム「CANVAS」を発表する。韓国内では初めて発表するソロアルバムで、ジュノの話を描いた自作曲で満たされている。これで2PMメンバーの中ではウヨンとJUN.Kに続き3番目にソロで出撃することになった。

ジュノはソロアルバムの発表を控え、まず先行公開曲を公開して本格的な活動にエンジンをかけた。感性を刺激する夕焼けのイメージを公開し、ジュノが描いて行く新しいアルバムに対する関心を高めた。自作曲で満たされたアルバムなのでアイドルグループでない、シンガーソングライターとしてジュノの音楽的力量を見せることができるアルバムになると期待される。

#GFRIEND、絶頂の清純

パワー清純の代名詞GFRIENDが今度は清純さの絶頂に上った。パワフルなパフォーマンスと清純な少女の感性の話を描き出すGFRIEND、今月13日、デビュー後初めてのリパッケージアルバム「RAINBOW」を発表する。GFRIEND特有のしっかりとしたストーリーテリングを維持し、少女の感性で夏に続き秋の歌謡界までひきつけるという戦略だ。

何よりGFRIENDは今回の新曲「夏の雨」を通じて彼女らならではの叙情的で淡い、清純感性をアピールする予定だ。パワーにさえぎられていた少女の清らかさがコンセプトだ。GFRIENDがあまりにも大衆の人気を呼ぶ音楽をするチームなので、彼女らが聞かせてくれる新しい話がどのように完成されるのかも関心が集まる。

# iKONのBOBBY、ロマンチックなスウェグ

人気アイドルグループiKONのBOBBYアイコンのも今月14日にソロのフルアルバムを発表することになった。YGでBIGBANGを除いてソロでフルアルバムを出すのはBOBBYが初めてだ。強烈なヒップホップから少年の感性まで多彩な感性を持っているBOBBYが描く話がそれだけしっかりとしているのだ。ヤン・ヒョンソク代表の信頼が感じられる。BOBBYはiKONとMOBB、そしてソロまで多様な変奏が可能なアーティストと期待も大きい。

BOBBYは「愛し てる(I Love You)」と「RUNWAY」のダブルタイトルを前に出した。ロマンチックなスウェグをアピールし、また「RUNWAY」を通じては青春の逸脱を表わした。BOBBYの自作曲で自身の人生に対する真剣な考察と悩みが盛り込まれたアルバムだ。BOBBYが今まで聞かせた強烈なヒップホップとは違った、初めて試みるテンポのある軽快なリズムのジャンルと清涼な感性で新鮮さをアピールする予定だ。BOBBYの異なった姿だ。