「取材レポ」MYNAMEチェジン&カラム共演の舞台「さよならヨールプッキ」開幕! 注目してほしいのは兄弟が歌うシーン「チェジンが本当に可愛いです!」

2017.09.06

 

MYNAMEのチェジンとカラムが共演することで話題の舞台「さよならヨールプッキ」が、9月6日(水)に東京・シアターサンモールにて初日を迎えた。開幕前に、公開ゲネプロと囲み会見が行われ、チェジンとカラム、相馬圭祐が登壇し、作品の見どころや意気込みを語った。

「さよならヨールプッキ」は、劇団BQMAPの主宰として、すべての本公演の演出を手掛けるほか、ゴールデンボンバー、喜屋武豊主演「ふしぎ遊戯」(演出)、集英社りぼん 60 周年記念公演「こどものおもちゃ」(演出協力・美術)など外部公演も多く手掛ける奥村直義が、新たに脚本・演出を手掛ける音楽劇。2015年にBQMAPで上演されており、今回は新たなキャストでの再演となる。
物語は、どこかの国、どこかの時代、クリスマスムードに包まれるとある街に突然、サンタクロース集団が現れる。彼らの目的は何? サンタクロース集団の秘密を偶然知ってしまった少年カイン(相馬圭祐)は、弟のアベル(チェジン)を巻き込み、サンタクロース集団から街を救おうと試みるが…。


舞台には、個性豊かで魅力的なキャラクターが続々登場! 本公演で初舞台を踏むチェジンは、甘く優しいその歌声と、感性豊かな表現力で、心優しく、人々に愛される弟アベル役をキュートに熱演。また、舞台や映画にと活動のフィールドを広げ、日本語の実力と演技力で高評価を得るカラムが、物語のカギを握るアトム役に扮し、今回はロボットの演技に挑戦している。
劇中、自然な流れで、チェジンがMYNAMEの人気曲のダンスを踊ったり、小道具としてMYNAMEのペンライトが使われたり、所々にMYNAMEの要素が盛り込まれているのも、ファンにとってはうれしいところだ。
ゲネプロのカーテンコールでは、「舞台は初めてだから、緊張もしたし、頑張りました!」とあいさつしたチェジンが、ほかのキャストから「まだ本番じゃないよ!」とつっこまれるなど、和気あいあいとした雰囲気が伝わってきた。
ゲネプロ終了後は、舞台衣装のまま、チェジン、カラム、相馬圭祐がそろい、和やかに質疑応答が行われた。

(2ページにつづく)