「コラム」ヒョンビンとソン・スンホンとソン・ジュンギの共通点は?

2017.09.02

韓国芸能界でも特にハンサムな男優として知られるヒョンビン、ソン・スンホン、ソン・ジュンギの3人。惚れ惚れするような「いい男たち」だ。彼らには一体、どんな共通点があるだろうか。それは、兵役と関係することである。

 

ヒョンビンの復帰作

『私の名前はキム・サムスン』で人気俳優の仲間入りをしたヒョンビン。甘いマスクには定評があり、どちらかというと柔らかいイメージでその魅力をふりまいていた。

しかし、彼は2011年3月7日に兵役履行のために海兵隊に入隊した。

韓国で海兵隊員は「男の中の男」と呼ばれる。とにかく、海兵隊の訓練は軍隊で一番激しいことで有名である。

そんな厳しい部隊に志願して入ったヒョンビン。最後まで訓練を全うできるか危ぶまれたが、彼は怪我で苦しみながらも立派にやり遂げて除隊した。その姿は芸能界を超えて韓国社会全体で大いに称賛された。

その後のヒョンビンの俳優キャリアは確実に変化していった。

兵役に入る前は『シークレット・ガーデン』のような軟派系の役で大評判を取っていたのだが、除隊して芸能界に戻ると、ヒョンビンは復帰作として映画『王の涙-イ・サンの決断』を選んだ。(ページ2に続く)