「コラム」『イ・サン』が描いた英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)の悲劇とは

2017.08.12

子が親に孝をつくす

思悼世子の家来たちが全滅するという騒動のあと、今度は思悼世子の息子のサン(当時10歳で後の22代王・正祖〔チョンジョ〕)が現れる。サンは米びつに近づいてはならないという王命にそむき、危険をかえりみずに父に会いにきた。
しかし、父の思悼世子はかすれた声で米びつの中から「ここにいてはいけない」と言う。断腸の思いで父の前を離れたサンは、父の助命を願って英祖や母のもとを訪ねる。しかし、大人たちは取り合ってくれない。必死になればなるほどサンは自分の無力さにさいなまれるのであった。
それでも彼はあきらめない。英祖が市中の巡察に出掛けたと知ると自ら逃亡し、庶民の姿になって行幸中の英祖に直訴する。
「どうか、罪なき父を生かしてください」


ひたすら懇願するサンであったが、米びつに閉じ込められた父に会いに行ったことが露見してしまう。怒った英祖はサンを捕らえようとした。
そのときだった。王宮から早馬が来て、使者が思悼世子の死を伝えた。
「なんということか……」
サンは号泣した。
英祖もただ立ちすくむばかりだった。息子を絶対に許さないつもりだったし、その決意を示すためにあえて市中の巡察に出たのだが、いざ息子が死んだという知らせを受けると、その衝撃ははかりしれなかった。
以上が『イ・サン』の第1話から第3話の冒頭部分までなのだが、画面を通して伝わってきたのは、サンが父を思う気持ちの異様なまでの強さだった。
そういう意味では、『イ・サン』というドラマほど、子が親に孝をつくす儒教的な心情を描いた作品は他にない。(ページ3に続く)