「取材レポ」ヤン・イクチュン&東出昌大が登壇!“「全シーン、全カットに魅了されました!」”韓国映画「息もできない」の三夜限定特別上映トークイベント第一夜開催!

2017.08.08

7月19日に9周年を迎えた新宿ピカデリーが、9周年を記念して、8月7日(月)に韓国映画「息もできない」の特別上映とトークイベントを開催した。
映画「息もできない」は、2009年の作品発表時、世界の国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、2010年の日本公開時にも、大きな話題を呼んだ映画である。

特別上映&トークイベントは8月7日~9日の3日間限定で行われ、本作の製作・監督・脚本・編集・主演であるヤン・イクチュンと、毎夜異なるスペシャルゲストを迎えたトークイベントとなっている。第一夜となる7日はヤン・イクチュン監督とともに、「桐島、部活やめるってよ」での俳優デビュー以降、数多くの映画やドラマで活躍する人気俳優、東出昌大が登壇した。

笑顔を浮かべたヤン・イクチュン監督と東出昌大が登場すると観客から大きな拍手で迎えられた。

まずは1人ずつ、「このように見に来てくださってありがとうございます。この映画が日本で公開されたのは2010年になりますので、『息もできない』で観客のみなさんにお会いするのは本当に久しぶりです。これを撮影したのは2007年だったんですけど、10歳年をとりました(笑)」とヤン・イクチュン監督、「素晴らしい映画を観た後なのでみなさん余韻に浸りたいと思うんですけども、僕もヤン監督とお会いできる機会がなかなかないので、今日はいちファンとして色々な話を掘り下げていければと思います」と東出昌大があいさつ。(2ページに続く)