カラム、MYNAMEチェジンと初共演、日本の舞台に挑戦

2017.08.03

カラムが、舞台に出演!音楽劇「さよならヨールプッキ」

劇団BQMAPの主宰として、すべての本公演の演出を手掛けるほか、ゴールデンボンバー、喜屋武豊主演「ふしぎ遊戯」(演出)、集英社りぼん 60 周年記念公演「こどものおもちゃ」(演出協力・美術)など外部公演も多く手掛ける奥村直義が、新たに脚本・演出を手掛ける音楽劇「さよならヨールプッキ」が 9 月 6 日~9 月 10 日までシアターサンモールでの上演が決定。この音楽劇に、カラムが出演することが決定致しました!!音楽活動だけに留まらず、現在は舞台や映画にとその活動のフィールドを広げるカラム。日本語の実力と演技力で高評価を得るカラムが演じるのは、物語のカギを握る兄妹の兄、アトムを演じます。新たな力を得たことで、彼が選択した未来…。それは正義か悪か…。
先日の舞台で共演した親友 MYNAME セヨンと同じグループでもあるチェジンとの共演にも注目が集まります。この作品で、カラムが見せる新たな魅力にご期待ください。

【あらすじ】
どこかの国、どこかの時代、クリスマスムードに包まれるとある街に突然、サンタクロース集団が現れる、彼らの目的は何?サンタクロース集団の秘密を偶然知ってしまった少年カインは、弟のアベルを巻き込み、サンタクロース集団から街を救おうと試みるが…。
出演は、侍戦隊シンケンジャーで人気を博した相馬圭祐。本公演で初舞台を踏む MYNAME のチェジン。今年の 4 月にアイドルグループSKE48を卒業した酒井萌衣、子供番組で人気を博した空閑琴美、音楽、映画、舞台と幅広い活動をしている藤重政孝など。

(2ページに続く)