「インタビュー」キム・レウォン、ラブコメは私の得意分野。「ドクターズ~恋する気持ち」DVDリリース記念インタビュー到着!

2017.08.01

「ドクターズ~恋する気持ち」キム・レウォン オフィシャルインタビュー

Q. この作品の出演を決めた理由を伺えますか?

医療系ジャンルであり、私が経験したことのない職業だったので、チャレンジのし甲斐があるように思えました。もともとはパク・シネさんが、先にキャスティングされていましたが、彼女が「レウォン先輩と一緒に出来たら面白そう」と言ってくれたと聞きました。
当時、私は映画の撮影中で、「ドクターズ」に参加した時には、すでに撮影が1カ月半も進んでいた状態でした。映画の撮影を終えてすぐに「ドクターズ」の撮影に合流しましたが、初回放送の2週間前だったので、それだけに悩みも多かったです。映画撮影ではずっと囚人服を着ていたのに、ドラマの撮影に入り、翌日から直ぐに医師の白衣を着なければいけなかったこともプレッシャーでしたね。

Q. 少し久しぶりにラブコメ作品に参加されたと思いますが、久しぶりのラブコメ演技をされていかがでしたか?

久しぶりにラブコメに出演しましたが、出来は良かったと思います。このような素敵な作品があれば、また出演したいと思っています。私は元々ラブコメが好きで、私が演技を始めたジャンルでもありますし、ラブコメによって多くの人に注目をされるようになりました。ですからラブコメは私の得意分野だと思っています。ですが、最初から私に合った、私の為に作られた役を演じるより、私自身も成長できるような演技をしていくことが正しいと思っているので、様々な役に挑戦して演じてきました。当初とは異なり、(視聴者の)反応が良かったので本当に嬉しいです。またラブコメ作品に出演してみたいと言う欲も出てきて、撮影中も、撮影が終わった今でも、幸せな時間だと思っています。(2ページに続く)