「インタビュー」SF9(エスエフナイン)明日からの真夏の5days in Japanを前に必読の2ndシングル「Easy Love」オフィシャルインタビュー公開

2017.08.01

2017、最注目のK-POP9人組ダンスボーイズグループSF9(エスエフナイン)
明日からの真夏の5days in Japanを前に必読の2ndシングル「Easy Love」オフィシャルインタビュー公開

6月にリリースした日本メジャーデビューシングル「Fanfare」がオリコンウィークリーチャート6位を記録した韓国ダンスボーイズグループ“SF9(エスエフナイン)”が、いよいよ、明日8月2日、大阪での日本初単独公演を皮切りに、4日の東京公演、さらに8月2日発売の2ndシングル「Easy Love」のリリースイベントを開催するなど、8月6日まで、5日間連続で日本のファンの前に姿を見せる。その前に必読の「Easy Love」オフィシャルインタビューが届いた!

Q. 新曲「Easy Love -Japanese ver.-」は、6月にリリースした日本デビュー曲「Fanfare -Japanese ver.-」のパワフルさとは対極をなす、メロウな曲ですね。
ロウン:「Easy Love -Japanese ver.-」は、韓国2ndミニアルバムのタイトル曲「Easy Love」の日本語バージョンです。韓国ではデビュー曲の「Fanfare」、1stミニアルバムの「ROAR」共にハードな印象の曲だったので、2ndミニアルバムの活動曲としてこの曲を最初に受け取ったとき、「前の2曲より、感情的な部分を見せなきゃ!」って感じました。だからこの曲をどう解釈してどう表現したらいいのか……って、僕たちも最初はそれで少し悩んだんです。

Q. 「Easy Love -Japanese ver.-」のテーマを教えてください。
インソン:少年の悲しみがテーマになっています。近未来のある少年の別れを通して、簡単で、軽くなってしまった愛情を批判した内容です。これまでの曲よりも僕らの感性、そして感情をちょっと大人っぽく表現しています。

Q. 韓国語バージョンでは、ジュホさん、ヨンビンさん、フィヨンさんがラップ詞を書きましたが、作詞をする際に悩んだ点などありましたか?
ジュホ:自分自身が、主人公の感情に共感することが難しくて……。僕はまだ、こういう別れを経験したことがないから。だから、まわりの人の経験談や想像を膨らませて書きました。

Q. 楽曲はメロウですが、パフォーマンスはサビの部分が激しくて。ジャケットを使ったダンスも面白いですね。
テヤン:はい、ポイントはジャケットを使ったダンスです。後ろを向く部分は、悲しさを背中で表現しているんです。“歌詞を伝える”ってことを考えて作られたパフォーマンスですよね。

Q. 日本でもすでに韓国語バージョンは披露されていますが、パフォーマンスの反応はいかがでしたか?
ダウォン:日本デビュー前の5月に、幕張メッセで行われたKCONに出演させていただきました。もちろん日本デビュー曲「Fanfare-Japanese ver.-」も歌いましたが、韓国語バージョンの「Easy Love」も披露しました。他のグループのファンの方もすごく熱い声援と拍手をくださったんです! 「日本デビューにむけて、もっと頑張らなきゃ!」って改めて思いました。

Q. ミュージックビデオは、韓国語バージョンと少し違いますね。
フィヨン:ダンスシーンと一部のソロカットを日本でのリリースのために撮り直しました。終わりのほうに雪が降るシーンがあるんですけど、その雪が目とか鼻とか口に入ってきちゃって! 息を止めながら踊ったんです(笑)。

ジュホ:あー、そうだった(笑)。あまりに苦しくて笑いそうで、それをこらえながら踊ってたのを思い出しました。

Q. カップリングの「Still My Lady -Japanese ver.-」は、どんな内容の曲ですか。
ジェユン:タイトルは爽やかだし、コーラスが入っていたりして、一聴するとポップなイメージかもしれません。でも、内容は悲しい曲なんです(笑)。忘れられない昔の彼女が、ほかの男の隣にいるんだけど、相変わらずキレイだっていう曲です。そんな気持ち、男だったら誰にでもあるんじゃないかな?

Q. 6月に日本デビューしましたが、印象に残っている活動はありますか?
ジュホ:僕はデビューする前なんですけれど、日本で「SF9 1st SHOWCASE IN JAPAN “Fanfare”」を行ったことです。信じられないくらい多くの方が来てくださったし、会場の雰囲気がすごく良くて、歓声も大きくて。想像以上! すごく心配していたんです。大きなステージだし、デビュー前だったし……。でも本当に客席の反応が良くて、自分達も楽しくできました。それがとても心に残っています。ダウォンくんもKCONの話をしましたが、僕たちにはファンの応援が何よりうれしいことなんです。

チャニ:リリースイベントもたくさん行いました。こうやって日本に来て、日本のファンの皆さんに会えることが、すごくうれしいです。デビュー日の6月7日は日本にいたんですけれど、街で僕らのアドトラックを見たり、CDショップで僕たちの等身大の看板を見ました。スゴかったな~。感動しましたし、すごく不思議な感じがしました。

Q. 8月には初の単独公演「SF9 1st Concert in Japan“Fanfare”」も行われます。ライブを前にした気持ちを教えてください。
ヨンビン:やっぱり日本で初めての単独公演ですから、メンバー全員とても緊張しています。今まで以上に、練習に一生懸命取り組んでいるところです。僕たち自身も、すごく期待しているんですよ。皆さんは、これまで見たことがないようなSF9のステージ、そしてSF9の姿を目撃することになると思います。

Q. ファンの皆さんが準備をしておくことありますか?
ヨンビン:僕たちは、ファンの皆さんと一緒に楽しみたいんです。それができるステージを準備しています。だから、何も準備せず、ただ来て、一緒に楽しんでもらえるだけで大丈夫! 皆さんが「楽しい!」って思ったら、大きな拍手と歓声を送ってくださいね!(2ページに続く)