「個別インタビュー」甘い歌声と表現力が魅力的なJohn-Hoon、「20代前半での切ない経験と間接経験で、歌に深みが増してきた気がします」

2017.07.31

日本デビュー12年となった今年1月に久々のシングル「Prologue~恋を呼ぶ唄~」をリリースし、オリコンのウィークリーチャート12位を記録するなど、その健在ぶりをアピールしたJohn-Hoonが7月26日(水)、約10年ぶりとなるミニアルバム「記憶の香り」をリリース!
今作では、美しく忘れられない“記憶”へのあふれる感情を切に表現。リード曲「Never Forget」を含む新曲3曲と、ファン投票で選ばれたJohn-Hoonの楽曲「一日~ハル~」の日本語Ver.、UN時代のヒット曲を16年ぶりに新しくアレンジし、日本語Ver.にした「波~パド~2017」など、全5曲が収録され、“バラードの貴公子” John-Hoonの甘くて切ない歌声が満喫できる1枚に仕上がっている。

そんな待望のニューアルバムを引っさげ、帰ってきたJohn-Hoonが、アルバム制作のエピソードや、自身の忘れられない記憶、さらにはプライベートでの近況などについて、爽やかな笑顔で語ってくれた。

Q. アルバムのリリースは約10年ぶりなんですね。どのようなきっかけで今回のミニアルバム「記憶の香り」を制作することになったんでしょうか?
この10年はシングルだけの発売だったんですが、韓国でデビューして17年、日本でデビューして12年が経って、音楽的にも、もっと自分のことを表現したいなと思って。いろいろな曲を歌って、ファンの皆さんへのプレゼントになるようなものを作りたくて、5曲収録のアルバムにしました。

Q. 7月26日というのは、ちょうどUNのデビュー日なんですね。そんな記念すべき日に、日本でミニアルバムをリリース。
偶然ですけど(笑)。そうなりました。

Q. 運命的なものを感じたりしませんか?
ハイ、運命だと思います。このアルバム、成功しそうな気がします(笑)。

Q. アルバム名が「記憶の香り」というステキなネーミングですが。
ありがとうございます。今回は、まず新曲3曲を聴いたとき、全部が愛だけの話じゃなくて、記憶の話だなと思ったんです。そして、日本語バージョンにした2曲も、内容が記憶の話だから、5曲全部、記憶の話だなと思って、スタッフさんに「『記憶の香り』はどうですか?」と提案したら、みんながOKして、「記憶の香り」になりました。(2ページに続く)