【Twitterフォロワープレゼント:5組10名様ご招待】映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」試写会 開催!ヨン・サンホ監督来日決定!

2017.08.11

© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

世界大喝采&大熱狂!ブッチぎり大ヒット!カンヌ国際映画祭を筆頭に、世界の映画祭が大絶賛!! 生か死か―時速300km超のノンストップ・サバイバル・スペクタクル・アクションが遂に日・本・上・陸!! 『新感染 ファイナル・エクスプレス』 8月、ヨン・サンホ監督の来日決定! 来日記念!パニック!パニック!!パニック!!! 迫る危険から逃げ惑う場面写真ら、一気に解禁!! 大混乱の中、感染者と戦い大切なものを守りきれ!

【Twitterフォロワープレゼント詳細】
 
「新感染 ファイナル・エクスプレス」一般試写会
 ・日  時:  8月23日(水)(時間:開場 午後6:30 / 開演午後7:00)
・会  場:  神楽座(東京都千代田区富士見2-13-12 KADOKAWA富士見ビル1F)
 
・ ご提供人数:   5組 10名様をご招待 
注意:監督の登壇はありません。試写会のみとなります。
             17日監督登壇試写会プレゼントは終了いたしました。

|ヨン・サンホ監督 プロフィール| 1978年、ソウル生まれ。祥明大学西洋学科を卒業。初めて監督した作品は短編アニメ『MegalomaniaofD』(97)で、その後も『D‐Day』(00)、『TheHell』(03)、『The Hell: Two Kinds of Life』(06)、『Love Is Protein』(08)といった短編を発表した。 初めて手がけた長編アニメは『豚の王』(11・未)。ヤン・イクチュン、キム・コッピが声優として参加し、韓国社会におけるヒエラルキーがもたらす悲劇的な人間模様を描いた同作品は、カンヌ国際映画祭の監督週間部門に出品され、社会派インディーズ作家としてのヨン監督の名声を一躍高めた。 続いて2013年にエセ宗教を題材に社会の闇をえぐり出した長編第2作『我は神なり』(17年日本公開予定)を発表。 長編第3作『ソウル・ステーション/パンデミック』(16)では、格差社会の底辺に生きる人々を主人公に、ソウル駅周辺で発生したウイルス・パンデミックの恐怖を衝撃的なストーリー展開で描き上げた。 ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭シルバークロウ賞、アジア・パシフィック・スクリーン・アワード最優秀長編アニメ賞に輝いた同作品は、ヨン監督の実写長編映画デビュー作『新感染 ファイナル・エクスプレス』の前日譚にあたり、今秋に日本公開が決定している。 (2ページにつづく)