「イベントレポ」SEVENTEEN ワールドツアー日本公演 さいたまスーパーアリーナ・スタジアムバージョンで、6万人と輝いた感動の時間

2017.07.29

SEVENTEENが7月26日(水)と27日(木)の2日間、さいたまスーパーアリーナ・スタジアムバージョンにて「2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR 'DIAMOND EDGE' in JAPAN」を開催し、6万人と感動の時間を過ごした。
韓国で5月22日にリリースした4枚目のミニアルバム「Al1」が「韓国版ビルボード」ガオンチャートで1位を獲得。活動曲『Don’t Wanna Cry』が音楽番組で8冠を達成するなど、デビュー2年あまりで韓国を代表するアーティストに成長したSEVENTEEN。同アルバムは日本でもオリコン週間アルバムランキング最高3位、洋楽ランキング1位に輝いた。

このアルバムをひっさげたワールドツアー「2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR “DIAMOND EDGE”」が、7月のソウルを皮切りにスタート。アジアはもちろん、アメリカ、カナダなど13都市で計16公演を行うもので、2都市目が日本となる。

超満員の会場に入って驚かされたのが、アリーナの真ん中を貫くように設置された縦に長い花道。その中央にはセンターステージ、後方にはダイヤモンドを連想させる形状のダイヤモンドステージが配置されていた。今年2月の日本ライブではムービングステージで観客をあっと言わせたが、今回も広い会場のどこにいるファンでも彼らを近く感じられるようにとの、こだわりが感じられた。
会場が暗くなり、スクリーンに『Don’t Wanna Cry』のMVが流れると、観客は一斉に白く輝くペンライトを揺らしながら、応援の掛け声を大合唱。オープニングVCRでは、メンバーが映し出されるたびに大歓声が。するとメインステージにジュンが登場し、深々と挨拶。続いて、ホシ、ウジの姿も。センターステージには、ジョンハン、ミンギュ、エスクプス、スングァンがせりあがって登場。

ダイヤモンドステージにはディノとディエイトがキックボードに乗って、後方左右の通路にはトロッコに乗ったドギョムとウォヌ、ジョシュアとバーノンが現れた。神出鬼没に現れたメンバーたちにどよめきと黄色い歓声が巻き起こる中、久しぶりに再会した日本のCARAT(ファン)に挨拶するようにステージを走り回るメンバーたち。

(2ページに続く)