「コラム」ソ・イングクが受けた兵役判定の「5級」とは何か?

2017.06.15

ソ・イングクは、3月28日に陸軍の第5師団新兵教育隊に入隊したが、左足首の怪我を理由に帰宅命令を受けた。最終的に6月5日に精密検査を受けた結果、左足首の距骨の骨軟骨病変によって、兵役判定で5級となった。この5級とは何を意味しているのか。

戦時の軍事支援

兵役に入る人は必ず徴兵検査を受けるが、その際に身体の健康状態によって、各種の等級に分けられる。
どのような判定になるかというと、1級から3級までが現役兵となり、4級は補充役となる。
この4級は、主に持病があって厳しい軍務に耐えられないという人が受ける判定。軍隊に行く代わりに社会服務要員として、公益勤務に従事して兵役を履行することになる。


そして、5級の判定を受けた人は「第二国民役」と呼ばれる。
この人たちは、平時では入隊が免除になるのだが、戦争が起こったときに軍事支援を担当することになる。この場合の軍事支援というのは、後方で物資の輸送に当たるとか、そういう役割を担う。(ページ2に続く)