「個別インタビュー」CHERRSEE、気持ちも新たに3rdシングル「Cry again」をリリース!「サビの歌詞に注目してください!」

2017.05.25

左からNENE、MIYU、SAYURI、LENA、HIKARU

 

BIGBANGやSISTAR、超新星など多くの人気グループ・歌手に楽曲を提供している韓国の有名音楽プロデューサー「勇敢な兄弟」が手掛ける日本のガールズグループCHERRSEE(チェルシー)。
2016年5月、「Mystery」でデビューし、10月には2ndシングル「白いシャツ」を発売。約5800名の中から選ばれた5人の精鋭MIYU、SAYURI、NENE、LENA、HIKARUは地方まで足を伸ばしながら多くのファンを獲得してきた。
キュートでセクシーな5人がいよいよ5月24日3rdシングルをリリース。

【動画】CHERRSEEからメッセージ!

5月でデビュー1周年を迎えるCHERRSEEにインタビューを慣行。
ニューシングルへの思いや活動に対する気持ちを語ってくれた。
はきはきとしたあいさつをしてくれたメンバーたちは、新曲の衣裳をまとって出迎えてくれた。
Q 新曲リリースおめでとうございます!新曲の紹介をお願いいたします。
MIYU:ファーストシングルとセカンドシングルは恋する女の子を歌った曲だったんですが、今回はガラっと変わって大人の恋愛を描いた曲です。愛と痛みと別れの3つを曲やダンス、あとはPVで表現した曲になっています。
HIKARU:強さMAXです!

Q 振付や歌詞など、新曲の注目ポイントはありますか?
HIKARU:サビの歌詞で「ほっといて」という言葉が何回も出てきます。その「ほっといて」という言葉が初めて聞いた方には印象に残るのかなと思っています。ただ単に「ほっといて~」という感じではなく、その中にも悲しい「ほっといて」だったり、強い「ほっといて」だったり、女性の切ない気持ちの「ほっといて」だったり…。恋愛をしている女の子はいろんな感情を持っていると思うので、そのそれぞれの感情を私たちの歌う「ほっといて」というフレーズにリンクさせて、共感してもらえる歌詞だと思います。曲を聴いてもらって、そういう感情を楽しんでもらって…楽しむというか…そうしてもらえたらなって。
NENE:突き放してるんですけど、突き放してる裏にある悲しみとか切なさとか怒りとか、そういう感情を描いていますね。「白いシャツ」や「Mystery」のようなストレートな感じじゃなくて、結構裏に感情が隠れているような歌詞です。
HIKARU:吹っ切っている「ほっといて」…ですよね。MIYUが歌っている部分で「惑わさないで」という歌詞があるんですけど、いろんな誘惑を吹っ切ろうとしているのに優しい言葉とかかけてこないで!という「ほっといて」です。
MIYU:強がっている部分もあります。
HIKARU:全部違う意味が込められた「ほっといて」なんです。私たちは今まで、人がころころ変わらない歌詞割りだったのですが、今回は変わっていってそれぞれの「ほっといて」があるんです。(2ページにつづく)