「取材レポ」ミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」が開幕!チェ・ドンウク(SE7EN)が恋するキュートなロボットを熱演!

2017.05.20

チェ・ドンウク(SE7EN)、超新星のソンジェ、U-KISS脱退後初出演作品となるKEVIN(ウ・ソンヒョン)がトリプルキャストで熱演を繰り広げるミュージカル「メイビー、ハッピーエンド」が5月19日(金)より東京・サンシャイン劇場にてついに幕を開けた。韓国では今年の3月5日まで上演され、連日完売の記録を樹立するほどの大ヒットとなった本作が、いよいよ日本初上陸!21世紀後半の韓国を舞台に、人間より人間らしいヘルパーロボットたちの恋物語が描かれる。

主人公のヘルパーロボット、オリバー役を演じるのは、韓国版「エリザベート」のトート役で、ミュージカル俳優としてもデビューしたチェ・ドンウク、2016年、17年とミュージカル「INTERVIEW~お願い、誰か僕を助けて~」の日本公演に参加し、その実力が認められたソンジェ、そしてアイドルとして数々の楽曲を日本で発表し、今後は俳優としての道を歩き始めたKEVIN。人間とそっくりに作られた旧型ロボットオリバーを、3人がどのように演じるのか期待が高まっていた。

19日の夜公演ではチェ・ドンウク、ソン・サンウン、ラジュンが息の合った歌唱、笑いと感動を誘う演技で大反響を得た。
公演で終始驚かされるのは、オリバー役を演じるチェ・ドンウクの姿だ。歌手SE7ENとしてこれまで成熟した男の魅力を見せてきた彼だったが、公演に先立って行われたインタビューでも予告していた通り、「こんな姿見たことない」と思わせるキュートなロボットに見事に変身し、観客を魅了した。可愛がっている植木鉢に話しかける姿や、後に恋に落ちるクレアが部屋を訪れてきた時の心の動揺など、歌手の時には決して見れなかった可愛らしい表情の連続で新鮮さを届けている。

チェ・ドンウクのコミカルな演技に観客からは何度も笑いがおき、充電が切れて動かなくなったクレアを軽々と抱きあげるシーンでは「お~」と感嘆の声も上がった。また、チェ・ドンウク演じるヘルパーロボットよりもレベルが一つ上のヘルパーロボット6のクレアを演じるソン・サンウンは、可愛らしく、透き通った声で存在感を見せた。その小さな体からは想像できないほどの爆発的な声で、安定した歌唱力を誇るチェ・ドンウクと見事なハーモニーを作り、観客を感動させた。チェ・ドンウク演じるオリバーのかつての雇用主ジェームズほか、郵便配達員やホテルの従業員など、シーンによってさまざまな役を演じきったラジュンの名演技も光った。

(2ページに続く)