SUPER JUNIORイトゥク、バラエティ番組で涙を見せた理由

2017.05.18

親孝行で有名なSUPER JUNIORイトゥクが、花の配達中に涙を見せた。
18日午後11時に放送されるTV朝鮮のバラエティ番組「配達に来ました」では、イトゥクの依頼人の事情がこめられた花束を配達する様子が描かれる。
「配達に来ました」は、出演者が配達代行サービス会社に実際に就職して事前教育を受けて、顧客のお使いを解決しながら起るドタバタエピソードを公開する番組だ。

​この日放送される「配達に来ました」でイトゥクは、「生涯農業をしながら5人の娘を育てた両親に花をプレゼントしたい」という依頼人の要請を受けて両親のもとに向かう。
​紆余曲折のあげく依頼人の両親を探したイトゥクとユン・ジョンスは、3番目の娘の心を込めた花束を伝える。その後娘の直筆の手紙を読んで両親の愛に感謝の思いを示して視聴者を感動させ、それを見たイトゥクが涙を見せたという。