「コラム」文在寅政権は公約どおりに兵役期間の短縮を実現できるか

2017.05.11

韓国の新しい大統領となった文在寅(ムン・ジェイン)。彼は大統領選挙のときに様々な公約を掲げたが、その1つが兵役期間の短縮だった。果たして、この公約を実現することが可能だろうか。

大統領選挙での公約

韓国の兵役期間は陸軍を基準に考えると、1968年には36カ月だった。それが、1993年に26カ月となり、2003年に24カ月に短縮されて、現在は21カ月になっている。


このように、韓国の兵役期間が短縮されてきた背景には、大統領選挙での公約という問題があった。候補者の多くが「任期中に兵役を短くする」という公約を掲げ、それが実行されたことによって兵役期間が短縮されてきたのだ。
今回の大統領選挙でも文在寅は「兵役期間を18カ月に短縮する」「公正な兵役義務の履行」を高らかに公約として掲げていた。(ページ2に続く)