「インタビュー」ZE:A ドンジュン「どんな仕事をしていても幸せを感じていたい」

2017.04.26

写真=10asia

 

今から7年前、ボーイグループZE:Aでデビューしたドンジュン。ステージの上で縦横無尽に駆け回っていた彼は、ある瞬間に“演技”という新たな領域に足を入れた。秀麗な容貌で演技をうまくやりながら、次々と多様な作品に出演した。そんな彼は、昨年11月より放送が開始したKBS 1TV「輝けウンス」で、毎日視聴者に会っている。

120話という長い旅路を始める前は、怖気づいたりもした。自身に対する信頼が不安へと変化した。物語の半分を走ってきた今、流れた時間の分だけ不安は減った。劇中、ユン・スホと出会って成長し、以前は分からなかったさまざまな感情に接している今日この頃だという。自ら不安という中に閉じ込もるのを止めて、可能性を信じることにした。そしてもう一つ、いつも明るく元気溢れる心地良い人になることを願う。

Q. 連続ドラマで視聴者と毎日顔を合わせていますね。

ドンジュン:昨年10月末から撮影を開始したから、もう5ヶ月に入りました。撮影を早く始めたので、時間的な余裕がちょっとあります。

Q. 毎日撮影しているんですよね。これまで撮ったミニシリーズや映画とは違うと思います。

ドンジュン:演技をはじめ、こんなに長い呼吸が必要なお芝居をするのも初めてだし、いろいろと初めてなことが多いです。セット撮影の時、カメラ3台が一度に回ることも最初は驚いたくらい(笑) 僕は演技をずっとやって来たわけじゃなくて、途中で休んでいる時期もありました。これまで出演した作品の中で、本作は最も比重が大きくて心配で。連続ドラマというのは非常に忙しいと聞いていて、上手くできるだろうかと自分への懸念も大きかったです。自らを信じられない状態で撮影を始めました。一方で、新たな出発点になるとも思い、いつか他の作品でも苦しむかもしれないであろう、いろいろな状況が出てくるので勉強になってます(笑)

Q. しかも大先輩と演技ができますしね。

ドンジュン:今回の作品に参加しながら多くの感情を抱きました。家族、愛、会社で起こる事などなど。そこには“演技の先生”がたくさんいるので、一日中見ているだけでも大きな勉強です。撮影をしながらたくさんのことを質問していますし、長い時間一緒にいるので、その分距離が近くなりました。

Q. 年齢的にも良いタイミングだったのでは?

ドンジュン:もちろん今もまだまだだですけど、以前は別の場所に視線を置く余裕がありませんでした(笑) 競馬場で走る馬のように前だけを見て走っていたんですが、今は時間が少し経ったからなのか、以前より視野が広くなった気がします。心の視野も含めて。このタイミングでこのドラマに出合えて良かった思います。

Q. キャラクターの紹介だけを見ていたら、ここまで深まってくるとは思いませんnでした。ご自身も演技をしながら驚いているのでは? (笑)

ドンジュン:最初は典型的な金持ちの家の末っ子でした。これまで世に出たドラマにたくさん登場する感じの(笑) それで、どう描いて行けばいいか悩んだ末、自制心の欠ける子が成長し大人になっていく過程を見せたかったんです。スホという人物を演じながら、幼い男が大きくなっていく、本当の成長ドラマの一遍が入り混じっていると考えています。責任感を持って、責任を負う過程を全部見せています。(2ページに続く)