パク・ヘジン、コメンタリーライブショー「マンツーマン探偵団」が22日に生放送開始

2017.04.21

俳優パク・ヘジンとキム・ウォンソク作家、イ・チャンミンPDがゲストで出撃するライブショー「マンツーマン探偵団」が今月22日の夜12時(23日0時)にNAVER「V」アプリのV DRAMAチャネルを通じて生放送される。
「マンツーマ探偵団」はドラマ初の新しい試みのコメンタリーライブショーで、JTBC新金土ドラマ「マンツーマン」(演出イ・チャンミン、脚本キム・ウォンソク、制作ドラマハウス、マウンテンムーブメントストーリー)の話を一つ一つ暴く。
「マンツーマン探偵団」の初回生放送には俳優パク・ヘジンとキム・ウォンソク作家、イ・チャンミンPDがゲストで出演することを確定、どこでも聞くことができなかったドラマの中の裏話とともに隠してきたおしゃべり本能を発揮すると期待される。
パク・ヘジンは所属事務所を通じて「『マンツーマン探偵団』をとても待ち望んできた。全世界のファンたちとドラマのトークを生放送で一緒にするので本当に期待できる。どんな質問にも忠実に答える準備ができています」とし「『マンツーマン』に対するすべてのビハインドを『マンツーマン探偵団』で全部放出する予定ですから生放送を期待して下さい」と伝えた。


何より4ヶ月余りの撮影記、「マンツーマン」の生き生きしたビハインドとともにリアルタイムフィードバックが可能なので既存放送とは全く違う新しいトークショーになると期待されている。
「マンツーマン探偵団」は初の生放送を始めNAVER「V」アプリのV DRAMAチャネルを通じて毎週土曜日深夜12時に合計7回にかけて俳優とスタッフが直接出演して放送ごとのエピソードをリアルタイムで大放出する予定だ。
「マンツーマン」は超トップ韓流スターのボディーガードになる多才多能でミステリーなゴースト要員と彼を囲んだ隠れた男(Man)の活躍を描いた作品だ。 21日夜11時、JTBCを通じて初放送され、韓国ドラマ初のNetflix(ネットフリックス) を通じて全世界190個余りのNetflixサービス国家に同時放映される。