INFINITE エル、新ドラマ「君主」撮影現場の写真を公開…ぼろぼろな姿でも輝く美貌

2017.04.14

写真=ピープルストーリーカンパニー、ファイブラザーズ

 

INFINITEのエル(本名:キム・ミョンス)がデビュー後初めて時代劇に挑戦する。

MBC新水木ドラマ「君主-仮面の主人」(脚本:パク・ヘジン、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル、パク・ウォングク、以下「君主」) は、本日(13日) エルの初撮影現場の写真を公開した。

公開された写真のエルは、無造作な髪にみすぼらしい服を着て深刻な顔をしている。賤民イ・ソンの姿に完全になりすましている最初の撮影現場がキャッチされた。ぼろぼろの姿でも輝くルックスに加え、鋭く光らせるは眼差しが今後の活躍を期待させる。

エルは「君主」で、天才的な頭脳と火のようなエネルギーを持つが、身分のせいでむしろこれが重荷となる屠殺(とさつ) 場の息子、賤民イ・ソン役を引き受けた。

屠殺場の息子で貧しくて学ぶことができなかった、それによって今更良くならない運命を持った賤民イ・ソンの生活を描き出す。デビュー以来、初めて時代劇に出演するエルが、これまで披露したイメージとは全く異なる演技で変身を予告している。

エルは「まず素晴らしい作品を通じて、初めて時代劇というジャンルに挑戦することができて光栄だ」とし「僕にとって『君主』は尊敬する先輩たちの渾身の演技を肩越しに、見て聞いて学ぶことができる学習の現場そのものだ」と、初めての時代劇挑戦のときめきと緊張を見せた。

また「『君主』で僕が引き受けたキャラクターである『賤民イ・ソン』役をよく生かすことができるよう、『君主』が良い作品になるよう、怖がりながらもワクワクしているが最善を尽くして頑張って努めていきたい」とし「『君主』と僕キム・ミョンスに、たくさんの応援と愛をお願いしたい」と覚悟を表わした。

制作会社は「エルは初めての時代劇挑戦に緊張感とワクワク感を抱いており、絶えず練習と努力で埋めている」とし「一汗ごとに、懸命かつ丁寧に役柄に取り組んでいるエルが『君主』でどのような変身を披露するのか、エルの苦労を見守ってほしい」と述べた。

「君主」は歴史的な事実を基に再創造した“混成ファクション(事実と虚構を混ぜた) 時代劇”で、新たな時代劇の登場に期待が高まっている。ユ・スンホ、キム・ソヒョン、エル、ユン・ソヒ、ホ・ジュノ、パク・チョルミンなど、大勢の俳優たちと貫禄のある俳優たちが意気投合した。「自己発光オフィス」の後番組で5月に韓国で初放送される。

 

元記事配信日時 : 2017年04月13日08時38分 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 前田康代
10asia+Star JAPAN http://10asiajapan.com/