「取材レポ」iKON、ツアーファイナル横浜アリーナ公演に“ブルゾン ジュネみ”降臨! 負傷チャヌも元気な姿で「心配しないで」

2017.03.28

2016年末の「第58回輝く!日本レコード大賞」で最優秀新人賞を受賞、「第31回日本ゴールドディスク大賞」では「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」と「ベスト3ニュー・アーティスト」(アジア)の2冠を達成し、海外アーティストのデビュー(本国)から、史上最速となる1年9カ月での日本ドームツアー「iKON JAPAN DOME TOUR 2017」も決定するなど、目覚ましい躍進を遂げている7人組ボーイズグループiKON(アイコン)。

昨年、大好評のうちに幕を閉じたアリーナツアーのアンコール公演として、2月の大阪・大阪城ホール公演を皮切りにスタートした「iKON JAPAN TOUR 2016~2017」が福岡公演を経て、3月18日(土)~20日(月・祝)の神奈川・横浜アリーナで、ついにツアーファイナルを迎えた。

特に、最終日の20日は昼公演が「CSテレ朝チャンネル1」で生中継、夜公演が全国各地の映画館にてライブ・ビューイングが実施されるほど注目を集め、その人気ぶりを改めて示した。
昨年より、さらにパワーアップして帰ってきたiKONは、クールでカッコいいパフォーマンスもさることながら、日本語でのMCではキュートさ、面白さなどさまざまな魅力を発揮。横浜アリーナ公演の直前、末っ子のチャヌが新曲ミュージックビデオの撮影中に足を負傷したため、全てに参加することはできなかったものの、その分を他のメンバーたちが気合の入ったパフォーマンスでカバーし、見応えたっぷりのステージでiKONIC(アイコニック=iKONのファン)を熱狂させた。

20日は昼公演から、会場は赤いペンライトを持ったiKONICで埋め尽くされ、熱気が充満。オープニングを告げるピアノ曲がかかり、スモークのたかれたステージにB.I、ジナン、BOBBY、ユニョン、ジュネ、ドンヒョクが姿を見せると、会場からは割れんばかりの大歓声。チャヌを除く6人でのスタートとなったが、1曲目の「DUMB & DUMBER」からテンションは最高潮で、大人気曲「SINOSIJAK REMIX」「WHAT'S WRONG?」と続き、怒涛の盛り上がりで幕を開けた。(2ページに続く)