「コラム」善徳女王とあの大統領のあまりに違いすぎる業績

2017.03.20

 

昔と今は違うといえども

善徳女王は647年に亡くなった。
その29年後に、新羅は朝鮮半島で初の統一を成し遂げた。
当初は高句麗や百済に国力でかなわなかった新羅。そんな国が偉大な歴史を築いたのは、善徳女王の功績がとても大きかった。
ひるがえって現代韓国。父親の威光のおかげで韓国で初めて女性の大統領になった人は、政治的な能力を何ら発揮することなく、怪しげな民間女性の操り人形になって大統領職を罷免させられた。
同じく女性として国のトップになりながら業績が違いすぎる。あまりに時代が離れているといえども。
昔と違って、現代の大統領は選挙で選ばれる。国民に一番求められるのは、大統領の職にふさわしい人を適切に選ぶ、ということに尽きるだろう。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

コラム提供:ロコレ
http://syukakusha.com/

『オクニョ』を10倍楽しむ豆事典1「王の名前」
https://goo.gl/Nd14i6

歴史解説!仁祖(インジョ)と貞明(チョンミョン)公主の確執
https://goo.gl/Imwzll

光海君(クァンヘグン)を追放した仁祖(インジョ)に大義名分はあるのか?
https://goo.gl/q7WhBu