「コラム」ヒョンビンが兵役入りする後輩たちに贈る金言

2017.03.19

ヒョンビンが主演した映画『共助』は韓国で大ヒットした

兵役で海兵隊に入ったヒョンビン。除隊後の活躍がめざましい。演技の面でも、逆境を乗り越える男のたくましさを存分に発揮している。最新作は映画『共助』。韓国で大ヒットして、ヒョンビンの評判が実にいい。彼の代表作になるほどの出来ばえだ。

兵役中の経験が生きる

ヒョンビンにしても、ソン・ジュンギにしても、兵役から除隊したあと、すばらしい活躍をしている。
これは偶然ではない。ヒョンビンやソン・ジュンギは甘いマスクの影響で柔らかいイメージが強かったが、2人は兵役中に軍隊で鍛えられたことで、男の強靱さという新しい印象を付加することに成功した。


韓国では多様な役を演じられる俳優ほど評価が高いのだが、ヒョンビンもソン・ジュンギも兵役中の経験を俳優の仕事にうまく生かしている。
かつて兵役は「芸能人の墓場」と呼ばれたが、まったく状況が変わったことを2人の人気俳優が如実に示したのである。(2ページに続く)