「コラム」除隊前の1カ月をどう過ごすのか

2017.03.16

社会復帰に備える

除隊まで残り1カ月になると、通常は社会復帰のための準備に時間を費やすことになる。まずは、除隊に向けて軍隊で支給された服や物品を整理することが欠かせないし、同時に、社会に出たときに備えて世の中の変化に対応しておく必要がある。
韓国社会の変化は激しい。軍隊に2年近くいると、浦島太郎とまでは言わないが、世間の変化にかなり疎くなっている。特に、韓国ではこの半年の間に大統領が罷免されるという劇的な変化があった。こういう事態に精神的に対応できないと、除隊後に大きく戸惑うことになる。


そういうことがないように、除隊前の1カ月で世の中の変化を見極め、そのために必要な知識を身につけて情報を得ていく。そうした時間を持つことは、軍隊の中でも十分に許容されている。(ページ3に続く)