「取材レポ」パク・ソジュン“全力の愛情表現にファンも心酔!”「Park Seo Jun 2017 Fan Meting in Japan ~White Day with JUNNER~」開催

2017.03.15

韓国ドラマ「キルミー・ヒールミー」や「彼女はキレイだった」で一躍人気俳優となり、さらに主演を務めた青春ロマンス時代劇「花郎(ファラン)」の日本放送を目前に控えている俳優パク・ソジュンが3月14日(火)、東京・ZeppTokyoにて「Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan ~White Day with JUNNER~」を開催し、約1年ぶりに日本のファンと対面した。

公演は、ピアノの音色が際立つJazzyな雰囲気たっぷりの楽曲「どのように過ごしているの?」からスタート。白のインナーを合わせたジャケットスーツでしっとりと歌い上げる姿はまさにジェントルマン。曲の終わりには両眉をくいっと上げ、照れ隠しの表情を見せるパク・ソジュン。

MC古家正亨と共に繰り広げたトークコーナーでは、3月25日よりいよいよ日本初放送が開始される、出演ドラマ「花郎(ファラン)」の話へ。ティザー映像を見ながら「新羅の時代を舞台にした若者たちの成長を描いたドラマです。久しぶりに映像を見返して記憶がよみがえってきました」と振り返った。パク・ヒョンシク、SHINeeのミンホ、防弾少年団のVなどの共演者のまとめ役だったというソジュン。「僕は撮影シーンが多かったので毎日現場にいましたが、SHINeeのミンホくんや防弾少年団のVくんはスケジュールがとても忙しいので、現場の出入りが激しかったです。なので僕が、出迎えたり、見送ったりとまるで学校の先生のような、お兄さんのような役割をしていました」と話し、「アクションシーンもたくさんあるドラマなので、挑戦してみようという気持ちでこの作品を選びました。このドラマを撮影していた時は29歳だったのですが、20代最後に、青春を燃やす若者を演じるドラマに参加できて良かったと個人的に思っています」と出演の経緯を明かした。


MCから「ソジュンさんをヒョン(兄貴)と慕う方からメッセージが届いています」と言われスクリーンに目を移すと、ミンホとVからのビデオメッセージが。Vからの「ソジュンさんはシャイだからモジモジしちゃってないですか?怪我しないようなファンミーティングにしてくださいね」とのメッセージに対し「怪我しないようにって…どんなファンミーティングを想像しているんですかね?」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。(2ページにつづく)