「コラム」仁祖(インジョ)!何度も王宮から逃げ出した国王

2017.03.08

1623年にクーデターを成功させて15代王・光海君(クァンヘグン)を廃位させた綾陽君(ヌンヤングン)。彼はすぐに16代王・仁祖(インジョ)として即位した。しかし、彼の在位中は苦労の連続だった。

 

他に例がない

仁祖といえば、歴史的には「何度も王宮から逃げ出した国王」という汚名が残ってしまっている。
彼の祖父である14代王・宣祖(ソンジョ)も、豊臣軍の朝鮮出兵の際に王宮から逃げた国王として非難されたが、その宣祖も逃げたのは1回だけだ。


しかし、仁祖にいたっては、なんと3回も王宮から逃げている。
前例どころか、後にもこんな例はない。
朝廷を守るためとはいえ、民衆を見捨てたのは間違いないことで、そういう点でも仁祖の歴史的評価は良くないのである。

(ページ2に続く)