イ・ドンゴン、「月桂樹洋服店の紳士たち」最終回を前に心境語る

2017.02.26

イ・ドンゴン、「月桂樹洋服店の紳士たち」最終回を前に心境語る

俳優イ・ドンゴンがKBS週末ドラマ「月桂樹洋服店の紳士たち」の最終回放送を控え、視聴者に感謝の気持ちを伝えた。

イ・ドンゴンは26日、所属事務所FNCエンターテインメントを通じて、「大きな事故もなく、54部作の長丁場を無事に終えることができてよかった。ステキな先輩、そして後輩などキャストの皆さんと現場でご一緒できてうれしかったし、光栄だった」と明かした。

また、「これまで本当に幸せに作業してきたので、終了ということがいまも寂しい気もするが、イ・ドンジンというキャラクターとして過ごしてきた時間を大切に記憶することになると思う。これまで『月桂樹洋服店の紳士たち』を見守り、愛してくださった視聴者の皆さんに心より感謝している。これからも良い作品でお目にかかりたい」と伝えた。


イ・ドンゴンは同ドラマで、イ・マンスル(シン・グ)の一人息子ドンジン役を演じ、幅広い演技を披露した。物語序盤、ドンジンは成功と出世だけを考え、ファッション会社の副社長の座にまで上り詰めた野心家だったが、父が視力を失っていくことを知り、変化し始めた。

特に、ナ・ヨンシル(チョ・ユニ)を愛し始めた後は、ストレートなロマンスを繰り広げ、ラブストーリー職人らしい魅力を存分に発揮。繊細な演技と表現力で、国民の夫的なキャラクターを誕生させたという評価を受けた。

WOW!korea提供