「取材レポ」SE7EN、「Dangerman」を引っさげたライブツアーで“大人セクシー”な魅力炸裂! ファンと楽しむ“マネキンチャレンジ”も大成功!

2017.02.01

昨年12月7日に約10年ぶりとなる日本フルアルバム「Dangerman」をリリースしたSE7ENが、同アルバムを引っさげたツアー「SE7EN LIVE TOUR 2017 in Japan - Dangerman -」を開催。1月27日(金)名古屋、28日(土)大阪を経て、31日(火)東京・中野サンプラザホールにて、大盛況のうちに幕を閉じた。
確かな歌唱力と華麗なパフォーマンスを武器に、アーティストとして大きく成長し、同アルバムでは得意とするR&Bからポップ、ダンス、ファンクまでさまざまなジャンルのトラックを歌いこなしたSE7EN。そんな彼が本領発揮できるライブで、2017年のスタートを切った!

東京公演の1部は平日の昼にもかかわらず、7棒(7の形をしたペンライト)を持った多くのファンで会場が埋め尽くされ、スモークの中から全身黒のシックな衣装を身にまとったSE7ENが登場すると大歓声! ダークな雰囲気が際立つタイトルトラック「Dangerman」で、ダンサーを従え、ダイナミックなダンスで危険な男の香りをプンプン漂わせたSE7ENは、スピーディでスリリングな「Feel The Fire」を続けて披露し、オープニングから圧倒的なパフォーマンスでファンを熱狂させた。



「こんに、こんに。SE7ENです。よろしくお願いします! 2017(にせんじゅうせぶん)、あけおめ、ことよろ~」と指ハートを作ってニッコリするSE7EN。「名古屋と大阪でやって、きょう東京が最後なんですが、こんなに朝早くからたくさんの方が来てくださり、ありがとうございます! 平日の火曜日なのに、仕事とか学校とかなかったの? あったけど休んで来ました? ちょっと悪いね~。悪いけどすごい(笑)」と茶目っ気たっぷりに、彼ならではの表現で、来てくれたファンに感謝した。
ミディアムテンポのR&B曲「I'M GOING CRAZY(日本語ver.)」、バラード「Love Mystery」をしっとりとドラマチックに歌い上げたかと思うと、今度は爽やかなポップナンバー「SOMEBODY ELSE」でグイグイと会場を盛り上げたSE7EN。(2ページに続く)