俳優チ・チャンウク、映画「操作された都市」撮影時は大部分がつらかった

2017.01.17

俳優チ・チャンウク、映画「操作された都市」撮影時は大部分がつらかった

韓国俳優チ・チャンウクが、映画撮影当時を振り返った。

17日、ポータルサイトNAVERのVライブで配信された「操作された都市」ムービートークでは、チ・チャンウクと女優シム・ウンギョン、俳優アン・ジェホン、パク・グァンヒョン監督が出演した。

チ・チャンウクは「初めての主演映画だ。映画としては初めてVライブに出演するが、緊張してドキドキしている。最近のスケジュールは全てが新鮮だ」と明らかにした。


続けて「最近、たくさんのインタビューを受けた。撮影の時はどうだったかと何回も聞かれるが、正直言うと記憶があいまいな所がある。大部分はつらかったという記憶だけ残っている。本当に暑い中にもかかわらず、皆さんが苦労して撮った映画だと思う」と作品への期待を高めた。

WOW!korea提供