「個別インタビュー」大国男児インジュン、TRITOPS*イルグン、Apeaceドゥファン、ヒョンジュ “緊張や不安にめげず、楽しんで乗り越えた稽古の日々!”舞台「伊賀の花嫁」まもなく開幕!!

2017.01.11

Q.セリフを覚える時に工夫されたことなどはありますか?
インジュン:ずーっとしゃべるしかないです。声に出さないと覚えられないタイプなので。
ヒョンジュ:私は日本語が全然できなかったので大変でしたが、キャストの皆さんが手伝ってくれたり、応援してくれたり、支えてくれたので言葉は通じなくても心が通じ合うということを経験しました。共演者の日本の役者さんに自分のセリフを読んでもらって、それを録音したのを聞きながら発音を練習しました。
イルグン:やっぱり日本語は難しいですね。最初は本当に緊張して、演出家の言葉を50%理解できたかな?という感じだったんですけど、今はどんどん慣れたので大丈夫です。日本語の説明を聞くのが一番難しかったです。
ドゥファン:やっぱり初舞台なので、最初は何から何まで全部わかってなかったです。歌のリハとかとは全然違って、「俺はここで何をすればいいんだ?」という感じでした。周りのスタッフの皆さんも役者の皆さんもすごく優しくて、引っ張っていただいてなんとかここまで来れたんじゃないかなと思います。



Q.俳優として舞台に立つ時は、歌手としてステージに立つ時とはまた違う緊張感があると思いますが、
インジュン:全然違います。
イルグン:全然違いますよ。
ドゥファン:違いますね。
インジュン:僕は自分たちのライブでは全然緊張しないタイプなんですけど。
イルグン:僕もしないです。
インジュン:全然しないんですけど、ここは初めてなので、通し稽古とかやるじゃないですか。その通しの時もちょっと緊張したりするんで、慣れてる先輩たちに支えてもらって緊張感を和らげてます。
イルグン:やっぱり僕の舞台じゃないので、みんなで一緒に頑張って作る舞台なので。僕は逆に緊張感をMAXに持っていければ、自分の役にすごく集中していい演技ができると思います。
ヒョンジュ:先輩たちが一緒の舞台なので、“私が失敗してはいけない”と頭がいっぱいになってしまって、舞台に上がる前まではすごく緊張するんですが、一度舞台に出てしまうと楽しい気持ちしかなくなります。とても楽しいです。
ドゥファン:それこそライブは何千回とやっているんですけど、基本ステージ立つ時は僕も緊張しないタイプです。今回は「どうしようどうしよう!もうすぐだよ!あと少しだよ!」みたいな。いや、でも楽しみです!楽しめると思います。あとは考えてきたこと、やってきたことを観てくれるお客さんにどれだけ届けられるかという問題なので、届くように頑張りたいと思います!

(5ページにつづく)

Q.今回の舞台が皆さんの2017年最初の活動ということで、今年の目標を教えてください。
インジュン:去年の11月から個人活動もしているんですけど、自分一人じゃなくて大国男児の名前をかけてやってきてるし、周りのスタッフにもすごくお世話になっているから、それに応えられるように何でも全力で頑張っているので、今年は特に新しい姿をいっぱい見せていきたいなと思います。ライブも、舞台も。皆さんよろしくお願いします。
イルグン:舞台も頑張って無事に終わりたいなと思いますけど、僕のチームTRITOPS*もいろいろライブがあって、今年も日本でたくさん活動をするつもりなんで、去年よりもっと頑張って、去年よりもっと違う姿を見せたいです。
ヒョンジュ:2017年は成人して大人になった年なので、健康に気を付けて、全てのことに良い結果が出るように頑張りたいです。今年韓国では大学に入学するので、初めての大学生活も、大人としての初めての生活も、新しい気持ちで頑張っていきたいと思います。
ドゥファン:2017年はApeaceというグループの1人のメンバーとしても、今回初舞台でこうやって頑張っているんですけど、役者としてのドゥファンも見てくれてる、応援してくれている方々に応えられるような人として成長していきたいと思います。



Q.最後に今回の作品のアピールをお願いします!
ドゥファン:初舞台の韓国人がいて、プロの中のプロの日本の先輩方がいて、こうやってコラボしていくわけなので、そこから生まれてくるいいエネルギーというのがきっとあるんじゃないかなと思っています。すごく面白くて笑える、涙もある、素敵な作品になっているので、見守っていただきたいです!

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

(6ページにつづく)