「取材レポ」キム・ウビン“役柄とは全く異なる柔らかな表情でファンをおもてなし!”日本初ファンミ「2017 KIM WOO BIN FAN MEETING in JAPAN “SPOTLIGHT”」開催

2017.01.11

続いては、バンドの生演奏による歌のコーナー。キム・ウビンの低く、しっかりとした声で「あの日々」、「もしかして知ってるの?」の2曲が披露されると、観客もステージに釘づけになって見つめていた。曲の途中で、ドラマ「むやみにせつなく」のワンシーンを再現するかのように、客席にいたファンにクマのぬいぐるみ(ドラマに登場したものと同じ!)をプレゼントするという粋なサプライズもあり、ファンをより一層感動させた。

さらに、ファンを喜ばせる企画としてサイコロゲームが登場。出た目にあるミッションをキム・ウビンと一緒にやっていくというもので、当選したのは6名。一緒に縄跳び、似顔絵を描いてもらう、髪の毛を結んでもらうなど、ここでもファンを大興奮させるシチュエーションが満載。髪の毛を結ぶというお題では、当選者の女性の髪を手ぐしで整え、綺麗なポニーテールを作るキム・ウビンに客席からは大歓声が上がった。また、似顔絵を描くお題では、子供の頃に絵画を習っていたというキム・ウビンが絵心のある似顔絵を描き、多彩さを見せつけた。

(4ページにつづく)