「取材レポ」(MAMAMOO編)CLC&ノ・ジフン&MAMAMOO、3組の異なる音楽カラーで魅せた!「 “K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.5」開催

2017.01.08

タワーレコード渋谷店が主催し、今大注目のK-POPアーティストが出演する「 “K-POP LOVERS!”SHOWCASE Vol.5」が7日(土)、東京・品川インターシティホールで開催された。今回はCUBEエンターテインメントからガールズグループCLC、男性ソロ歌手ノ・ジフンの2組、そして現在韓国で大人気を博している実力派4人組ガールズグループMAMAMOOが出演。全く異なる音楽スタイルの3組がそれぞれの魅力で会場を大いに盛り上げた。

ショーケースのトリを務めたのはMAMAMOO。MAMAMOOはソラ(Solar)、ムンビョル(Moon Byul)、フィイン(Whee In)、ファサ(Hwa Sa)で 構成されている 4 ⼈組⼥性グループで、2014 年「Mr.曖昧模糊」でデビュー。

左からムンビョル、ソラ、フィイン、ファサ

現在まで多くのアルバムをリリースしている。世の中に⽣まれた⾚ちゃんたちが⼀番最初に学んだ り話したりする共通語になる 「ママ(MAMA)」のように、全世界すべての⼈々に親しまれる ⾳楽を届けたい、という意味で 「MAMAMOO」をグループ名にした。 昨年は韓国の音楽番組で1位を獲得するなど、今まさにホットなガールズグループだ。


MAMAMOOがステージに登場したのが分かると、会場は待ってましたと言わんばかりにこの日一番の大歓声に包まれた。「You’re Best at Everything」のステージが始まると自然と手拍子が起こり、ファンも一緒にダンスして会場は熱気ムンムン。

(2ページにつづく)