女優キム・ハヌル、新人の時に演技力を批判された時の心境を明かす

2017.01.05

女優キム・ハヌル、新人の時に演技力を批判された時の心境を明かす

韓国女優キム・ハヌルが、ネット放送で「新人の時に演技力を批判された」と当時の心境を明かした。

キム・ハヌルは5日、生中継されたNAVERのVライブ「女優に会う」に出演した。進行を務めたリポーターのキム・テジンが「演技力の批判が一度もなかったと思う」とし、「新人の時はどうだったか」と質問した。

キム・ハヌルは「新人の時は私も演技力を批判された。隠れたかった」と答えて恥ずかしそうに笑った。

1996年にSTORMの専属モデルとしてデビューしたキム・ハヌルは、20年もの間、ドラマ12本、映画17本などの作品に出演し、大衆から愛されている。

WOW!korea提供